頑張り過ぎずに気楽なダイエットこそ自転車運動

ダイエットは今や日本の多くの人たちの興味の的となっており、テレビをはじめとしてさまざまなマスメディアでその方法が毎日のように取り上げられています。

けれども、ダイエットに取り組んでいてもなかなか思うような結果が得られていないという人が少なくないのが実情ではないでしょうか。

食事制限や運動をしても長続きせず、結局元の木阿弥どころかリバウンドといった悲しい状況の人もたくさんいます。

無駄な出費が必要ない自転車ダイエット

そんなダイエットの効果を得られないという人におススメなのが、自転車によるダイエットです。

痩せるためにスポーツジムに通ったりトレーニングマシンや健康器具などを購入する人も少なくありませんが、今自宅にある自転車がそのまま使えるというのは無駄な出費が必要ないのでうれしいですよね。

また、電車やバス、クルマといった今までの通勤手段を自転車に変更すればどうしても毎日乗らざるを負えず、当然継続してダイエットができることとなります。

ダイエットには有酸素運動が効果的ですが、ジョギングやウオーキングと同様に自転車も同様に優れた有酸素運動なのです。
運動といっても足だけのようなイメージがありますが、実は走ったり歩いたりするよりも全身の筋肉をよく使う全身運動としてダイエットに効果が期待できます。

腰やおなか、太もも、さらには腕なども鍛えることが可能なのです。

ペダルのコツを覚えて足首やふくろはぎにもハリが出てくる

しかし、ただ漫然と乗っているだけではダイエット効果は得られにくいかもしれません。
これから紹介するコツを覚えて実践すれば、効果的に痩せることが可能となりますよ。
まず、ペダルと足の位置に注意しましょう。

ペダルの位置は、親指の付け根の骨のふくらみをペダルの中心に当ててつま先でこぐようなイメージで、ちょうどペダルの真ん中に親指の付け根が来るようにします。

次に足首はしっかり固定しましょう。
多少は構わないのですが、足首が動き過ぎると足首を痛める恐れがあるのでなるべく固定するよう心かけるのがポイントです。
そして最後に、頑張り過ぎないという点です。

あまり力いっぱいこいでは無酸素運動になってしまい、筋肉はついても脂肪を燃やすことはできません。
ちょっとしんどいくらいの爽快な感じを30分から90分程度走り続けることで有酸素運動となりダイエット効果を見ることができるでしょう。