ママチャリのシティーサイクルやロードバイクで楽ちんなサイクリング!

乗ることで得る効果や楽しさに加えて、出かけた先で人やモノ、さらには風景、自然など、日常生活では味わえないような出会いを得る可能性を与えてもくれる自転車について、その種類を見ていきたいと思います。

まずは自転車と一口に言っても、さまざまな種類があります。

普段一般的に使われているのは、ママチャリやシティバイク、シティサイクルといわれるものですよね。

カゴがついていたり、スカートをはいていても乗りやすいフレームの形をしていたりと普段の足として非常に便利です。

中には変速機がついているものもあり、さらに走りやすくなっているものもたくさんあります。
こういった自転車でもその魅力を味わうことはできますが、さらに趣味性を高めるならロードバイクやマウンテンバイクなどもあります。

ロードバイクは舗装路を速く走るためのもので、路面抵抗の少ない細いタイヤと風の抵抗を少なくしペダルのこぎやすい姿勢である前傾姿勢を保てるドロップハンドル、そして軽くてシンプルなフレームが特徴とされます。
いわゆるスポーツバイクの一つですが、もちろん街乗りやサイクリング、通勤や通学に使ってもOKですしかっこいいですよね。

マウンテンバイクにクロスバイクで悪路もらくらく!

次に未舗装路や登山道といった悪路を走るためのものがマウンテンバイクです。
特徴は太くてゴツゴツしたタイヤ、悪路での衝撃を吸収するためのサスペンションやディスクブレーキなどが装備されている点が挙げられます。

これも街乗りとして使用してもいいのですが、専用になればなるほどロードバイクほどオールマイティなものではないかもしれませんね。

ロードバイクとマウンテンバイクのいいとこどりをしたのが、クロスバイクです。
軽快でスポーティな乗り心地、コントロールしやすいフラットハンドル、さらにシティサイクルに乗車姿勢が近いので乗り手を選ばないのが魅力です。

通勤や通学、サイクリングなど使い方は抜群ですし、日常の足として利用しても全く違和感はありません。

折り畳み自転車で行動範囲は更に広がる

この他にも折り畳みのできるものもあります。

タイヤ径が小さいので小回りが利き取り回ししやすいといいうメリットがあります。
もともと普通のものよりも小さいうえに折り畳んでマンションの部屋にも持って入ることができるので、盗難の回避も可能です。

小さなタイヤなので近場の移動だけと思われがちですが、変速機のついているものも多いので距離のあるサイクリングでも問題ありません。

折り畳んで列車や車に積み、出先でサイクリングなんていうのもいいですね。

このようにいろいろな種類の自転車があるので、自分の生活スタイルやどんな楽しみ方をしたいかによってどれを購入するのかを決めるといいかと思います。
単なる移動の手段として使うだけでなく、行動範囲を広げたり新しい出会いを求めて楽しんでみませんか。